賃貸住宅に対して私が思うこと

千葉県と埼玉県という2県にある賃貸は、全国の中でもやや特殊です。アパートの割合が非常に多いからです。

賃貸住宅に対して私が思うこと

アパートの賃貸が全国でも非常に多い千葉県と埼玉県

千葉県と埼玉県は、日本全国でも賃貸の物件数が多い方です。前者の千葉県の場合、物件数は25万件前後存在すると言われています。それと埼玉県もかなり多く、26万件前後は物件があるそうなのです。もっとも、どちらも東京ほど多くはありません。東京の場合は、全国の中でも別格の物件数を誇っていると思います。

ところで上記の千葉県と埼玉県なのですが、1つ共通点があります。アパートの割合です。そもそも賃貸には、主に3つの種類があります。アパートとマンションと一戸建てです。この2つのエリアの場合は、アパートの数が非常に多いのです。例えば千葉県の場合は、全物件に対するアパートの割合は6割前後です。それと埼玉県の場合は55%位です。その一方で東京の場合は、アパートは3割程度なのです。しかしその3割程度という割合が、日本全国としては平均的なのです。日本全国の借り家の場合は、アパートというよりもマンションの方が多いものなのです。ところが千葉県と埼玉県の場合は、アパートの方が圧倒的に多いです。マンションもそこそこ見られるのですが、それでもアパートほど多くはありません。ですのでこの2つの県は、日本全国の中ではやや特殊な地域かなと思います。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅に対して私が思うこと All Rights Reserved.