賃貸住宅に対して私が思うこと

女性の独身率が高い現代で、老後の生活費は大きな問題です。住む家は賃貸か、購入する方がいいのかを考えてみました。

賃貸住宅に対して私が思うこと

住宅を購入するか、賃貸に住み続けるかを考える

女性の社会進出が進み、女性でも生活するのに十分なお金を稼ぐことができるようになったこともあり、一生独身を選ぶ人も増えてきました。一人で生きていくと決めた場合、衣食住は切っても切り外せません。実家など住むところがある場合は良いのですが、持ち家がない場合は、賃貸で家賃をこの先も払い続けていくか、それとも住宅を購入するかの選択に分かれると思います。賃貸で一生家賃を払い続けていく場合トータルの金額は住宅を購入できるくらいの金額になります。自分の物にならないものに一生家賃を払い続けるか、それとも一括での支払いは無理でもローンを組んで月々の支払いは家賃とほとんど変わらず、将来自分の物となる物件を購入するかは個人の自由です。

現在の年金は65歳からの支給となっており仮に60歳で退職した場合、年金を受給できるまでの5年間は自分で生活費をまかなっていかなくてはなりません。その場合毎月の家賃は大きな負担となります。そこで、早いうちに住宅を購入しローンを払い終えておくことで年金受給までの5年間に家賃の負担を減らすことができます。最近では中古マンションなども多くあるので、比較的安い金額で購入することが可能です。一生独身でいいと考える場合は将来設計をしっかりと立てて早め早めに行動するのをオススメします。

注目情報



Copyright(c) 2017 賃貸住宅に対して私が思うこと All Rights Reserved.