賃貸住宅に対して私が思うこと

賃貸物件の下見で大きなキズや劣化を見つけたら不動産会社に確認をしてもらい、その対処方法についても確認します。

賃貸住宅に対して私が思うこと

賃貸物件の下見でキズや劣化を見つけたら

賃貸物件には原状回復義務というものがあります。これは入居前の状態に戻すことであり、どのような物件にも殆ど賃貸借契約書に定められているものです。時折、これが原因で貸す側と借りる側で争いになることもありますが、これの多くは契約の段階に問題があります。また、長年住み続けたことで、傷んだ壁紙や畳などについては借りる側の修繕の責任は発生しないという裁判の判例もありますので、原状回復義務などに関しては事前に不動産会社に確認をすることが必要です。

賃貸物件を借りる為の下見の段階で大きなキズや劣化した箇所を見つけた場合は不動産会社に連絡を入れます。この際には、日付入りの写真を残しておけば後々の証拠ともなりますのでおすすめ出来ますが、出来れば不動産会社の担当者にも立ち会ってもらいたいものです。確認をしてもらったら、そのキズなどは引越しをするまでの間に直してくれるのか、それとも直さずにそのままで住むことになるのかを確認しましょう。もしも直さないというのであれば、退去する際に修繕代金は必要ないということを書面で貰います。口約束だと後で問題になることが考えられますので契約書に追記してもらうなど、必ず書面で貰いましょう。


Copyright(c) 2017 賃貸住宅に対して私が思うこと All Rights Reserved.